いろんな盗聴器の種類

音声は盗聴される?盗聴器から身を守る方法、盗聴器の発見や見分け方

どんな種類の盗聴器がある?いろんな盗聴器の種類

「盗聴器の種類」と一口に言うと、どんなものに仕掛けられているか?という着目する方も多いでしょう。

事実、現在まで盗聴器はコンセントや時計、電話機などの様々なものに仕掛けられ、設置者の目的を果たす手段として使用されています。

しかし、少し着眼点を変えてみると、盗聴器で盗聴をする「仕組み」自体にもいくつか種類があり、それによって設置者の特定につながり、盗聴の被害を防ぐことに成功する場合もあります。

例えば、音を拾うマイクと、拾った音を録音する録音機。その2つをセットにした有線式の盗聴器の場合、部屋のどこかにセットの状態で設置し、一定期間盗聴を続けたのちに回収する、という仕組みになります。

この場合、離れた場所からリアルタイムで盗聴されている状態ではありませんが、設置後に同じ場所を再び訪れ、盗聴器を回収する必要が生じることから、設置者は極めて身近な人間である可能性が高まります。

同居している人物ではないが頻繁に出入りする、という点で心当たりがある場合、まずそこから当たってみるべきと言えます。

また、この有線式盗聴器と仕組み自体は同様で、マイクと録音機が一体化した盗聴器も存在します。スマートフォンアプリを利用したものや、ICレコーダもこれに該当します。

その仕組み故、小型の物も多く、衣服の下などに隠し持たれるケースも多く存在します。

こういった有線式の盗聴器も多く見られますが、やはり典型的な盗聴器と言えば、無線式のものです。無線電波を利用して、離れた場所から盗聴した音声を聞くという方法です。

無線・有線の盗聴器種類

・アナログ式盗聴器
・デジタル式盗聴器(改造携帯電話)
・WEBカメラ(マイク)
・スマートフォンアプリ
・ボイスレコーダー
・コンクリートマイク
など

無線式の盗聴器を仕掛ける場合、多くのケースで目的とされているのは、半永久的な盗聴です。

つまり、頻繁にその場所を出入りすることは難しいが、どうしてもその場の音声をリアルタイムで聞きたいという願望を果たすため、ということになります。

そのため、コンセントの周囲など、設置場所は半永久的に電源を得続けることが可能な場所に限られます。

このタイプが仕掛けられていた場合、設置者の特定は有線式よりも困難です

再びその場を訪れ回収することが必須ではないため、設置者の候補は「一度でもその場所を訪れたことのある人物」ということになってしまいます。

交友関係の少ない方ならまだしも、頻繁に不特定多数の人物が訪問するような場所の場合、非常に多くの人物を疑わなければならなくなります。

盗聴器が隠される・取り付けられる場所の候補

・パソコンや周辺機器
・インターネット回線
・電話回線
・コンセント
・照明器具
・電池式の時計
・スマートフォンなどの通信機器
・オーディオ機器
など

しかし、無線式盗聴器も万能というわけではありません。

電波を拾うことが出来る範囲にも限界はありますし、こういった種類の盗聴器を仕掛ける場合、犯人は被害者からみて、有線式とは逆に「身近ではない人物」と考えることもできます。

普段から自宅を訪れるような関係性ではないが故に、空き巣同様の行為で部屋に盗聴器を仕掛け、その場の音声を盗み聞くことで目的を達する、と言ったところでしょうか。

いずれにせよ、こういった盗聴器が仕掛けられているのではと感じた場合、早めに専門家への相談をおすすめします。

Copyright (C) 音声は盗聴される?盗聴器から身を守る方法、盗聴器の発見や見分け方 All Rights Reserved.