盗聴器はいくらで買える?盗聴の実情って?

音声は盗聴される?盗聴器から身を守る方法、盗聴器の発見や見分け方

盗聴器の値段っていくら?意外に知らない盗聴の実情とは

盗聴器は購入するだけで犯罪!と思う方も多いですよね。

しかし、盗聴器を買ったり設置すること自体は犯罪ではありません。そして盗聴器自体は非常に手ごろで、ネット通販などでも簡単に手に入れることができます。

今回は、そんな盗聴器の実態についてご紹介します。

先述の通り、盗聴器は意外と簡単に入手できます。秋葉原の電気街は勿論、ネット通販などでも購入可能で、使い方もかなりシンプルです。

現在日本では、年に約40万台もの盗聴器や盗撮カメラが販売されていると言われており、その販売台数からも、購入、使用の容易さを伺い知ることができます。

ただ、どんな盗聴器でも良いというわけではありません。家電と同じように機種によって機能や送信帯域が異なり、目的に合うものを選ぶ必要があります。

また、盗聴した音声を記録する場合、別途録音用の機材も揃えなければなりません。

加えて、盗聴器は送信機と受信機がセットになって初めて機能しますので、専用のレシーバーも購入する必要があります。

盗聴器の価格は機種によって様々ですが、相場は送信機が2万円前後、受信機が3万円程度で、録音機(ICレコーダー)は大体1万円ほどとなります。

また購入する以外にも、盗聴器のレンタルも可能です。その場合、総額で6万円前後のセットでも1日3000円ほどで借りることができ、気軽に利用することが可能です。

このように、ご自身で盗聴器を揃えて何かしらの調査に挑むことは、違法でもなければ犯罪でもありません。しかし、こういった行動を素人が行うよりも、いっそ探偵に調査依頼をしてしまった方が手っ取り早く、安全だというケースもあります。というのも、盗聴器を他人の家に仕掛けるため無断で侵入すれば、それは立派な違法行為となってしまいます。

そのため、盗聴器によって得られる情報は自宅の中だけということになってしまいますし、盗聴器を利用して得た情報には、どうしても違法性の問題が発生します。

購入や設置だけでは罪に問われずとも、プライバシーの面などで問題となることも多いことに加え、違法性が指摘される行為によって得た情報は、裁判の場においても証拠として認められない可能性が高く、調査自体が無駄になってしまう場合もあるのです。

それらを踏まえても、まだご自身で盗聴器を購入・設置し、調査に乗り出すことも手段のひとつではありますが、やはり専門家の力を借りることも選択肢に入れておいても良いでしょう。

いかがでしょうか。盗聴器の購入や設置には法の制限がありません。しかし、それらの利用には適切な知識と十分な注意、配慮が必要です。用途や目的によっては、自ら調査を行うより専門家への依頼が適している場合もありますので、その点を踏まえた上で購入を検討することをおすすめします。

関連リンク


Copyright (C) 音声は盗聴される?盗聴器から身を守る方法、盗聴器の発見や見分け方 All Rights Reserved.