盗聴器から音声を盗聴されないために発見方法と予防の方法

音声は盗聴される?盗聴器から身を守る方法、盗聴器の発見や見分け方

盗聴から音声(通話や会話)を守る方法とは

数年前のデーターでは盗聴器は年間30万〜40万個販売されていると言われていましたが、インターネットが普及した現在ではその詳細な販売個数は特定できていません。
しかし、盗聴器や使い方に関する情報ももネットで簡単に手に入るので年々販売個数は確実にのばしていると言われています。

技術の進歩によりスマホなどが開発され便利になる一方、その進歩によって生み出された高性能な機器が盗聴、盗撮という危険をより身近しているのかもしれません。

一昔前では盗聴器とは専門業者やマニアが持っているものでしたが、今では一般の人でも簡単に手に入ります。
実際発見されている盗聴器は年間約数百件程度なので残りの膨大な数の盗聴器が街のどこかに仕掛けれていることになり、そう考えると自分の身の回りに盗聴器があってもおかしくはありません。
盗聴器に関しての知識を身につけ、自分の身は自分で守らなければいけません。

音声は盗聴される?

盗聴の知識がある人であれば、簡単に盗聴行為を行うことが出来ます。
一言で音声の盗聴といっても盗聴の方法はさまざまあり、盗聴器を直接部屋の中に仕掛ける方法もあれば部屋に入らずとも外部から盗聴を行う方法もあります。
固定電話を盗聴する方法もあり、普通に生活をしているだけでは盗聴に気付かことができません。
いつ盗聴されてもおかしくない世の中であるという危機感を持つことが自分の身を守るための第一歩です。

スカイプの音声を盗聴することは可能なのか?


盗聴器から身を守る方法

盗聴器から身を守るには盗聴器がどういうものか知らなければいけません。
あいまいな知識は人を不安にさせるだけですが、盗聴器がどのような特徴をもっているか知ることによって対策をとることができます。

インターネットで買えるのは盗聴器だけでなく盗聴器発見器を購入する事もできます。
盗聴器に関する正しい知識を身につけて、盗聴器発見器のような護身用の機材を用意することも身を守ることにも繋がります。


盗聴器の発見と見分け方

盗聴器は機械なので電気を必要とします。
そのため電気が供給されているコンセント周りに設置されていることが多くあるので注目する場所はコンセントです。
コンセントに差し込むコンセントタップ型盗聴器というのは聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

盗聴器を発見するには「どこに仕掛けられやすいか、どのような形状をしているか」を理解しておかなければいけません。

部屋に仕掛けられたタップ型盗聴器を見つけるのは難しくはありませんが、手が込んでいる場合はコンセントの内部に仕掛けられている場合もあります。
基本的なアナログ盗聴器以外にもデジタル盗聴器やリモコン式盗聴器といった特殊な盗聴器も多数存在しているので、盗聴器を発見するためにはこれらの盗聴器それぞれの特徴を全て把握しておかなければいけません。


盗聴についてよく知ることが大事

盗聴器を発見したり、盗聴を防ぐには、「盗聴」についてもっとよく知る必要があります。

・盗聴器にはどんな種類があるのか
・盗聴器はどこに仕掛けられるのか
・盗聴は屋内だけでなく屋外でも盗聴できるのか
・電話が盗聴されていないか
・携帯電話が盗聴されていないか
など

盗聴の不安は色んな場所にあります。これらの盗聴に関する情報を事前に知っておけば、盗聴器を見つけようとした時、また、予防しようとした時に情報が役立ちます。

このサイトでは、盗聴に関する情報を詳しくご紹介します。情報を参考に盗聴器を見つけるときや盗聴の予防に役立ててください。

Copyright (C) 音声は盗聴される?盗聴器から身を守る方法、盗聴器の発見や見分け方 All Rights Reserved.